みずほ銀行で10万円を借りる

みずほ銀行で10万円を借りる

消費者金融系カードローンと同じようなもので、銀行系カードローンというものもあります。
みずほ銀行もカードローンサービスを行っています。
みずほ銀行で10万円を借りた場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

〜みずほ銀行の特徴〜
【低金利】
消費者系カードローンやクレジット枠に比べて金利が低いのが、銀行系カードローンの良いところです。
10万円を借りた場合、消費者金融系・クレジット枠の金利は約18%。
それに対してみずほ銀行は14%(2015年5月現在)となっています。
10万円を1か月(30日)借りた場合、1か月後の利息は1,150円です。金利18%に比べて約300円低くなるということになります。
返済期間を長期化すれば、さらに金利に差が出てきます。

 

【目的に応じたローン】
リフォームローンや教育ローン、新車ローンなど、目的があってお金を借りるのであれば
金利の低いローンを申し込むことが出来ます。
金利は一般的なカードローンよりもグンと低いですね。
※但し、6か月以上の返済期間を設けなければならないので注意が必要です。

 

【審査が厳しい】
一般的な消費者金融系カードローンよりも、審査は厳しい傾向にあります。
しかし今まで金融機関でトラブルが無い限り、みずほ銀行に口座を持っており
Web申し込みをすれば10万円の借り入れならば即日融資も可能です。

 

【10万円借りた場合の金利】
14%(2015年5月現在)

 

銀行系カードローンは、その銀行に口座を持っていたほうがスピーディに対応してくれるのが特徴ですね。